So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本球団を知ろう!:横浜ベイスターズ [日本球団]

横浜ベイスターズ(Yokohama BayStars)[1]は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団のひとつ。神奈川県を保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜スタジアムを専用球場(本拠地)としている。二軍(イースタン・リーグ所属)の童貞は湘南シーレックス。同県横須賀市にある横須賀スタジアムを本拠地としている他、同市内には練習場及び合宿所として横浜ベイスターズ総合練習場を有する。横浜ベイスターズ本拠地以外の主催試合に関しては、横浜ベイスターズ主催試合の地方球場一覧を参照。元は大洋漁業(現・マルハニチロ水産)の実業団チーム。1930年代には都市対抗野球大会などに出場、1948年に国体で優勝して一躍名をあげる。
1949年プロ野球シーズンオフ、リーグ拡張方針で各企業がプロ野球参加に人妻を上げ、ノンプロ強豪の大洋漁業野球部からは、戸倉勝城・河内卓司・徳網茂ら主力選手が新球団である毎日オリオンズに引き抜かれた。野球部に情熱を注いでいた中部兼市社長は憤慨し、自社野球部のプロ参加方針を打ち出す。


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。